吉田建材株式会社

沿革

昭和25年 5月 東京都江東区深川石島町にて吉田久蔵商店 創業
昭和26年 5月 吉田建材㈱ 設立
昭和33年10月 本社屋 落成
昭和34年 2月 生コンクリートの販売を開始
昭和36年10月 浜園工場 開設(昭和38年1月 閉鎖)
昭和37年10月 塩崎工場 開設(昭和55年1月 新砂に移転)
昭和38年 2月 東部建設原材事業協同組合 設立
昭和39年12月 柏工場 開設(昭和46年 住友大阪セメント㈱に譲渡)
昭和40年 1月 吉建生コンクリート㈱ 設立
昭和42年12月 東京第一工場 開設(昭和63年9月 若洲に移転)
昭和43年10月 新本社ビル 落成
昭和44年 8月 西多摩工場 開設(昭和45年 JIS 取得)
昭和45年 5月 船橋工場 開設(昭和51年 JIS取得)
昭和45年 8月 吉建地所建物㈱ 設立
昭和46年 5月 柏営業所 開設
昭和47年 2月 横浜営業所 開設
昭和55年 1月 東京新砂工場 開設(昭和55年 JIS取得)
昭和63年 9月 東京若洲工場 開設(平成元年 JIS取得)
平成 8年 9月 吉建秩父生コン㈱ 設立(西多摩工場の営業権を譲渡)
平成 9年 4月 吉建エスオーシー㈱ 設立
平成10年 8月 東京新砂工場 プラント 更新
平成13年 9月  東京若洲工場 DSFミキサー 更新
平成15年11月 船橋工場 DSFミキサー、操作盤、骨材サイロ 更新
平成18年12月 拝島工場(吉建秩父生コン㈱) 新JIS取得
平成19年 6月 船橋工場 新JIS取得
平成20年 3月 東京若洲工場 新JIS取得
平成20年 5月 東京新砂工場 新JIS取得
平成25年 4月 産業廃棄物処分業許可 取得
平成25年12月吉建生コンクリート㈱ 一般貨物自動車運送業許可 取得
令和元年6月

吉田博が代表取締役社長に就任